知っておきたい!ブライダルエステを選ぶときの注意点。

・知っておきたい!ブライダルエステを選ぶときの注意点

 

ブライダルエステで、注意して欲しいところを簡単にまとめてみました。
サロン選びで後悔しないために、参考にしてみてくださいね。

 

 

後悔しないために!ブライダルエステで注意するポイント

 

●やたらと売ろうとするサロン

 

ブライダルエステの申し込みと同時に、化粧品などの自社商品をしつこく勧めてくる、料金の説明をしっかりせずにいきなりローン用紙を出してくる、ランクの上のプランにするように迫ってくる、などといったサロンはやめておきましょう。
きっと、売上や成績のことでいっぱいで、あなたのことを一番には考えてくれていないでしょう。

 

 

●ブランド力で決めないこと

 

大手だから、有名だからといって大丈夫とは限りません。
ブライダルエステなのに予約が取れずに間に合わない、などということもあるので、期日までにしっかり予定を組んでくれるサロンが安心です。
また、予約がきちんと希望のときに取れるかどうかも確認したいところです。

 

●自分の希望は必ず伝える

 

カウンセリングの時には、こちらの希望をしっかり伝えたいもの。サロンのプランと少し違う時には希望を聞いてもらえるかどうか相談してみましょう。
もし、この時にあからさまに嫌な顔をするようなサロンなら、やめておいてほうが良いかもしれません。
サロン側には無理なことでも、接客のしっかりしたサロンなら、お客さんに不快感を与えることなくやんわりと説明してくれるはずです。

 

●契約内容の確認

 

エステは高額商品です。だからこそ、契約時に契約内容をしっかり確認しなければなりません。
どんなに技術の高いサロンでも、ブライダル終了後に会員としてエステの継続を勧めてきたりするようなサロンは避けたいもの。
でももし、しつこい勧誘で不要なプランを契約してしまったあるいは商品を買わされてしまったので解約したい、という場合にはクーリングオフや途中解約が必ずできますので、解約する旨を早めにサロンに伝えてください。

 

●クーリングオフ

 

契約したけどやっぱり考え直したい。しつこく勧誘されて勢いに押されて、つい契約してしまって…など、契約後すぐに解約したいときに使える制度です。
無条件で解約できますが、期限があり、契約後8日以内に解約する必要があります。
きちんとしたサロンなら、契約書にクーリングオフの方法が必ず記載されていますので、その手順どおりに手続きしましょう。
クーリングオフについて書かれていないサロンは避けるべきです。

 

●中途解約

 

契約から8日以上過ぎてしまったけど問題があって解約したい。という場合には中途解約という制度があります。
これについても、契約書に必ず記載されていますので、その手順のとおりに解約手続きを行います。
ただし、それまでに使用した商品やサービスに対する料金は支払う必要があります。

 

クーリングオフも中途解約も、契約書に記載されているだけでなく、サロン側には契約時にしっかり説明する義務があります。
この二つについての説明のないサロンはやめた方が安全です。
もし、方法がよくわからない、解約できないといわれた、違約金を請求されたなど自分では解決できない、どうして良いかわからない、ということであれば、まず、「消費者センター」に相談してみましょう。きっと力になってくれます。

 

トラブルに巻き込まれないように、友人やクチコミ、情報誌などでしっかりリサーチしてからサロンを決めることで、後悔の無いエステサロン選びができると思います。